お客様アンケートから導き出した【寝姿勢】が快眠へ誘う

 

「快眠まくら」は10歳代~70歳代の方の
お客様の声(アンケート)により誕生しました。

 

枕専門ネット通販ショップ『快眠まくら家』の実店舗である『ねむり家(有限会社寝装の大郷)』が誕生した明治41年(1908年)からお客様の声を集めています。

お客様の声を読んでいくと、今も昔も「眠り」に不満のある方が沢山いますので、
【良質の眠りを得るにはどうすればいいのか?】ということを命題に眠りの研究を続けてきました。

快眠まくら家店長:安眠を考える
そこで枕の原点に戻り、「枕の役割」について考えてみました。

 

枕の役割とは?

非常に単純なことですが、枕の役割は寝ている時に敷き布団と頭部・頸部の間にできる『隙間を埋める』ことです。この『隙間を埋める』という極めてシンプルな事ですが、しっかりと隙間を埋めることによって、体に負担のかけずに眠ることができるようになります。

ぐっすり眠るための姿勢あまり意識されてれいないかもしれませんが、体にとって「負担のかけない寝姿勢」で眠ることが大切です。

体にとって負担のかけない寝姿勢とは、リラックスをして立っている時と同じ状態で寝ることです(左図)。顔の角度は顎にしわができない角度が重要で、寝ている時にもこの状態を保つことによって、鼻呼吸が自然にでき、良質な睡眠を得られます。また、寝姿勢の悪さによる肩の痛みや腰の痛みは和らいでいきます。

 

身体への負担を減らす枕

快眠まくら家:店長おはよう
人によって様々な姿勢で眠ってますが、このように体に一番負担が少ない寝姿勢で眠ることが、【良質の眠りを得る】ことになると私は結論付けました。

そして、ぐっすりと眠るための寝姿勢を作るキーアイテムが「」です。

快眠のキーアイテムはまくら

 

体にあった枕を使おう

「枕」は、ページの最初に書いたように、頭部・頸部の間にできる『隙間を埋める役割』があるのですが、実はこの『隙間』は使う人の体型によって人それぞれ違います。靴にも人それぞれサイズがあるように、枕にも体に負担をかけない寝姿勢になれる、人それぞれのサイズがあるのです。

 

あなたの好きな「枕」を使用するのではなく、あなたの身体に合わせた「まくら」を使用することが重要です。

 

快眠まくらの誕生

当ショップ「快眠まくら家」では、「枕の役割」を『隙間を埋める』からさらに発展した【体に負担をかけない寝姿勢を作ること】と考えております。

そのために、人それぞれの体にあった枕を追求し続け、約2,000件以上のお客様の声に加え、性別・身長・体型を記録した様々な人の1万以上の眠りのデータをもとに子供用、男性用、女性用の「快眠まくら」を開発しました。

快眠まくらを開発

 

もちろん、全ての人、100%の満足を得られる商品でもないかもしれません(*1)。しっかり眠れない、疲れがとれない理由が、体調やメンタル面などの原因かもしれません。ですが、「快眠まくら」を使い、多くの方にご満足もしていただいております(*2)。

最近では眠りに詳しい医師やスポーツトレーナーの協力しながら(*3)、より良い枕、より良い睡眠へと向かっておりますので、どうぞ一度お試し下さい。


快眠まくらの購入はこちら



このページの先頭へ