朝起きると首が痛い!(寝違い対処編)

 寝違えは「放っておけば治る」と思っていませんか?、寝違いが原因で首の痛い部分を揉んだりするのは専門家(接骨院、あん等)が行う以外おすすめできません。ついつい首をぐるぐる回したり、痛みのある所を温めたり、自分でマッサージをしたりしがちですが、間違った対処は治りが遅くなるうえに、悪化させてしまいます。

 寝違いの対処方法としては痛めた所を冷やすことが大切です。寝違いは痛めた部分が炎症を起こしている場合が多いため、温めると炎症が悪化しやすいのです。ですから、寝違いた場合、すぐに冷却することが適しているとされています。

寝違えの対処方法(冷却の仕方)
・タオルを巻いたアイスノンやアイスパックを用意して、痛めた部位に10分程あてて冷やします。氷水をビニール袋にいれて使用してもOKです。
・10分程冷やしたら、当てるのをやめて、10分程開放します。
・その後、もう一度10分程痛めた部位を冷やし、当てるのをやめます。
・この作業を4~5セット繰り返します。
※横になり枕などを使用すると、首に負担がかからないので効果的に冷却できます。

寝違いは2~3日で症状が軽減しますが、痛みが長引いたりした場合や痛みが酷い場合は専門家や病院で診察してもらいましょう。寝違いは体の調子が悪かったり、体や心に負担がかかっている時になる傾向にあります。「寝違え」になった原因を見つめることも重要になります。睡眠時に快適な睡眠をとれていないことも考えられますので、自身の体調にも目をむけてください。


朝起きた時に首・肩・腰が痛いことはありませんか?
そんな悩みを受けて出来上がった枕があります


このページの先頭へ