朝までぐっすり眠るポイント3

夏休みも中盤戦に入りました。お子様の宿題はすすんでいますか?
今年の夏は朝から気温が高く、ムシムシしています。日中の熱中症対策にも十分配慮する必要があります。水分補給を欠かさないでくださいね。実は熱中症は昼間だけでなく、就寝時も熱中症になる危険があります。寝ている間も汗をかきますし、寝苦しくなかなか寝付けず疲れが蓄積し体調を崩すかたも少なくありません。今日は蒸し暑い夜を快適に過ごす方法をお伝えしますね。

ポイント1:頭部を冷やして足元は温かくする“頭寒足熱”

身体は寝ている時は、手足から熱を逃します。上半身の熱が手足に移動すると、脳の温度が次第に下がって入眠しやすい状況になります。この仕組みを利用し、暑い夏は、冷却ジェル枕や枕の上に、冷却ジェルパッド、アイスノンなどを用意して、適度に頭を冷やすと全身が涼しく感じられます。
※冷やしすぎると体によくありませんので、冷却剤はタオルを巻くなどして直接使用するのは厳禁です。 

ポイント2:湿度を上手にコントロール!

夏は暑さ、温度が気になりますが、湿度が高いことが寝苦しさと熱中症の原因のです。上手に工夫して湿度のコントロールしながら眠りましょう。

帰宅後は、まず寝室の窓を開けて換気をしましょう。押し入れやクローゼットなども空気がこもりやすいので扉を開け、湿気を追い出すことがポイントです。扇風機を使うと効果的に熱気と湿気を追い出せますよ!

豆知識
日本睡眠科学研究所の実験によると、快適に眠るために、寝具と身体の間にできる空間”寝床内気象”(しんしょうないきしょう)の条件は、温度が33度程度、湿度は50%±5%(RH)であることがわかっています。

ポイント3:扇風機は壁に当てること

扇風機の風を、直接自分に当てていませんか?
扇風機の風が直接当たると身体が冷え過ぎたり、皮膚の水分が奪われてしまいます。扇風機の風は部屋の壁に当てて使いましょう。
※扇風機の風邪は壁に当てて使用することにより、部屋の空気が、部屋全体に行き渡ります。

 

夏場はエアコンや扇風機を上手に使って室内の環境を整え、機能的寝具も活用して、ぐっすり眠れる環境を整えましょう。毎日の疲れを快眠生活で癒やしましょう。

 


朝起きた時に首・肩・腰が痛いことはありませんか?
そんな悩みを受けて出来上がった枕があります


このページの先頭へ