, 'opacity': false, 'speedIn': 500, 'speedOut': 500, 'changeSpeed': 300, 'overlayShow': false, 'overlayOpacity': "", 'overlayColor': "", 'titleShow': false, 'titlePosition': '', 'enableEscapeButton': false, 'showCloseButton': false, 'showNavArrows': false, 'hideOnOverlayClick': false, 'hideOnContentClick': false, 'width': 500, 'height': 340, 'transitionIn': "", 'transitionOut': "", 'centerOnScroll': false }); })

あなたの眠り方は大丈夫?眠る姿勢で眠りが浅くなる…?

快眠するための枕のブログ画像
 体が喜ぶ習慣と体が悲鳴をあげる習慣・・・・、20年前のテレビ放送に比べて現代は、多チャンネル化して面白い放送がたくさんあります。あなたは、テレビを見るときはどんな姿勢で見ていますか? 眠った姿勢で見ると、体に負担が大きくかかり、肩や腰が痛くなります。テレビは、できるだけ座って見ましょう。
 眠る時は、基本は仰向け鼻呼吸で、寝返りが20回くらい一晩に寝返りができれば快適な質の良い眠りはでき、眠りの満足感も大きくなります。逆に、横向き寝でテレビを見ながら眠ってしまうと、肩やアゴに異常な体重の負荷がかかってしまい、血流障害が起き、後々、骨の変形やコリ感、強い痛みが出てきます。
 テレビは寝ながら見てはいけません。おもしろいテレビだと、なおさら長時間、同じ姿勢が続くため注意が必要です。
 どうしても寝床でテレビを見たい場合は、大きなクッションを背もたれにして、座って見ましょう。体が悲鳴をあげる習慣を続けると、最終的には、不眠やウツなどにつながります。大げさに言っているのではありません、それだけ眠りは、人生の中で大切な時間です。
体のよろこぶ習慣の積み重ねは、大切です。

[`evernote` not found]
LINEで送る

朝起きた時に首・肩・腰が痛いことはありませんか?
そんな悩みを受けて出来上がった枕があります

[`evernote` not found]
LINEで送る

このページの先頭へ