, 'opacity': false, 'speedIn': 500, 'speedOut': 500, 'changeSpeed': 300, 'overlayShow': false, 'overlayOpacity': "", 'overlayColor': "", 'titleShow': false, 'titlePosition': '', 'enableEscapeButton': false, 'showCloseButton': false, 'showNavArrows': false, 'hideOnOverlayClick': false, 'hideOnContentClick': false, 'width': 500, 'height': 340, 'transitionIn': "", 'transitionOut': "", 'centerOnScroll': false }); })

眠りの姿勢は大丈夫?首・肩・腰が痛い方は要注意!

快眠するための枕のブログ画像
 首や肩の眠っている時の痛みや、起きてからの痛みは、気持ちよく眠って体と心の疲れをとる本来の眠りができなくなります。
 もともと、痛みが出ることは、普通ではないことですが、毎日のことなので、多くの方が我慢しがちです。
 ひどい痛みになって病院に行った頃には、症状が進んでいたりします。
 昨日は、頸椎ヘルニアの方の眠りの相談を受けました。眠りが不快から、眠るのが怖いですと言われています。医師には、これ以上、痛みが進めば手術しましょうと言われたそうです。
 では、骨の変形はどうして起こるのでしょう・・・、先天的な病気もあるかもしれませんが、痛みがひどい方には、共通なことがあります。それは、長年、寝姿勢が体に負担のかかる寝姿勢で眠っておられるという共通点です。
 この方も、テレビを寝たまま見ておられ、枕を2つ重ねて眠っておられました。男性は、異常に高い枕で眠っておられ、女性は、低い枕か、枕なしで眠っておられます。それが長年続くと、骨の変形につながります。横向き寝も、肩をつぶす時間が長いので、痛みや鎖骨の湾曲変形になり、それは猫背、呼吸量の低下につながります。
 では、体にとって負担のかからない寝姿勢とはどんなものなのか。
 それは、立って本を読む姿勢です。それ姿勢を仰向けで鼻呼吸できれば、体に負担をかけない寝姿勢が出来上がります。
 あと、もう一つ、必要なことは眠っているときの、寝返りです。

 病気のことは、医師におまかせして、自分でできることをすることが大切です。まずは、眠りの質を上げることが重要になってきます。

[`evernote` not found]
LINEで送る

朝起きた時に首・肩・腰が痛いことはありませんか?
そんな悩みを受けて出来上がった枕があります

[`evernote` not found]
LINEで送る

このページの先頭へ