, 'opacity': false, 'speedIn': 500, 'speedOut': 500, 'changeSpeed': 300, 'overlayShow': false, 'overlayOpacity': "", 'overlayColor': "", 'titleShow': false, 'titlePosition': '', 'enableEscapeButton': false, 'showCloseButton': false, 'showNavArrows': false, 'hideOnOverlayClick': false, 'hideOnContentClick': false, 'width': 500, 'height': 340, 'transitionIn': "", 'transitionOut': "", 'centerOnScroll': false }); })

朝までぐっすり眠るポイント3

夏休みも中盤戦に入りました。お子様の宿題はすすんでいますか?今年の夏は朝から気温が高く、ムシムシしています。日中の熱中症対策にも十分配慮する必要があります。水分補給を欠かさないでくださいね。

amazonさんでの、『最高の眠り方』本の感想

よくある眠り本とは少し違い、筆者の闘病の体験や、4000人以上のお客と対話した経験などから 独自の眠り論を展開してます。

健康は、実は毎日の自分の眠りにあった!睡眠中の鼻呼吸の重要性

睡眠中に口で呼吸すると、口の中が乾き、それだけで不快感が増し、眠りの質が落ち、眠っても疲れがとれない体になります。

眠りは、ぐっすり名人の子どもに学べ

日中は、なかなか体が喜ぶ姿勢はできません。寝はじめだけでも、仰向けで鼻呼吸、手の平を返して眠ると体が喜びます。  子どもで試してみると、やはり肩の方に手が入らないくらい、肩の裏側と布団が密着します。

毎日をぐっすり眠るための豆知識

『仕事が忙しいから体を動かす時間がないです。』 『運動、わかっているけど・・・なかなかできないです』 眠りのお話をさせていただくと、お聞きするとこのようにお聞きします。

悩み、不満、病気の裏には、眠りの質の悪さあり

人生のいろいろな悩みは、ぐっすり眠れば解決する!が私の実践による理論です。第一の優先順位は、『体の喜ぶ眠り』です。 私、大郷卓也(おおごうたくや)は、中学生のころ原因不明の大きな病気になりました・・・・・。

書籍「最高の眠り方」から選ばれた名言

総合法令出版さんに、『100年続く老舗寝具店の店主が教える最高の眠り方』の書籍の中から、名言を選んでいただきました。 『本当に大切なのはどれだけ眠ったかでなく、 どんなふうに眠ったかです。

質の高い睡眠は服装から~寝る時はパジャマを着用~

8時間眠らなくてはいけないとか、休みの日は寝だめしないと、と思っておられる方が多いです。しかし、一番大切なのは、眠りの時間ではなく、眠りの質が大切です。 その質を良くする方法の一つとして、パジャマです。

じわじわ人気の『最高の眠り方』が平積みに(´∀`)

『今こそ、自分メンテナンスはじめませんか?』という雑誌Takt特集と一緒に、『100年続く老舗寝具店の店主が教える最高の眠り方』の書籍を、紀伊国屋富山店さんに、平積み展開していただきました。  やっぱり眠りは、大切です。

Takt3月号で眠りの話が載ってました

『今こそ、自分メンテナンスはじめませんか?』という特集、Taktタクト3月号、P30、P32に、睡眠の質を向上させて健康な体に!と『眠り』の話をしてます。

このページの先頭へ