朝までぐっすり眠るポイント3

夏休みも中盤戦に入りました。お子様の宿題はすすんでいますか?今年の夏は朝から気温が高く、ムシムシしています。日中の熱中症対策にも十分配慮する必要があります。水分補給を欠かさないでくださいね。

健康は、実は毎日の自分の眠りにあった!睡眠中の鼻呼吸の重要性

睡眠中に口で呼吸すると、口の中が乾き、それだけで不快感が増し、眠りの質が落ち、眠っても疲れがとれない体になります。

眠りは、ぐっすり名人の子どもに学べ

日中は、なかなか体が喜ぶ姿勢はできません。寝はじめだけでも、仰向けで鼻呼吸、手の平を返して眠ると体が喜びます。  子どもで試してみると、やはり肩の方に手が入らないくらい、肩の裏側と布団が密着します。

毎日をぐっすり眠るための豆知識

『仕事が忙しいから体を動かす時間がないです。』 『運動、わかっているけど・・・なかなかできないです』 眠りのお話をさせていただくと、お聞きするとこのようにお聞きします。

質の高い睡眠は服装から~寝る時はパジャマを着用~

8時間眠らなくてはいけないとか、休みの日は寝だめしないと、と思っておられる方が多いです。しかし、一番大切なのは、眠りの時間ではなく、眠りの質が大切です。 その質を良くする方法の一つとして、パジャマです。

眠りの追求して気づいたこと

『100年続く老舗寝具店の店主が教える最高の眠り方』の著者の大郷卓也です。眠りを探究すればするほど『眠り』が人生の土台だと感じております。多くの方と、『ぐっすり』を共有したいと思っております。

寝て起きた時に体の痛み(肩・首・腰)がある人は寝る姿勢に注意

寝具店ということで、0歳から100歳までの方とお付き合いがあります。もちろん、布団の話題になり、そこから眠りの話になります。 悩みでよくお聞きするのが、肩や腰の痛みです。これは、血行障害がひどくなると痛みが出ます。

辛い時は人とおしゃべりしましょう

『100年続く老舗寝具店の店主が教える最高の眠り方』にも書きましたが、中学1年生で、入院生活に入った私。

浅い眠り・質の低下がまねく日々の不安

『悩み、不安、不満』は、眠りの質が悪くなってくると大きくなってきます。 人にやさしくできないようになってしまい・・・・、顔にも眉間にシワが跡がくっきりでてしまします。 悩みや不安、不満からは良いことは何も生まれません。

病気をして母の強さを知った

『100年続く老舗寝具店の店主が教える最高の眠り方』にも書きましたが、中学1年で入院生活をした場所は小児病棟でした。同室になったのは、6歳くらいの男の子でした。

このページの先頭へ